ナデシル|犬と猫のペットメディア

ミックスと雑種は同じじゃないの?純血種とはどう違う?

この記事の要約動画

少し前からよく耳にするようになった「ミックス犬」。チワワ×プードルで「チワプー」、シーズー×ミニチュアダックスフントで「シークス」など、さまざまなバリエーションのミックス犬が登場しています。「2つの血統を掛け合わせているなら、ミックス犬と雑種は同じじゃないの?」と疑問に思う方もいるのでは。
しかし、ミックス犬と雑種犬には明確な違いがあるのです。
「ミックス」と「雑種」、また「純血種」に分けられる犬の血統。それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

「ミックス」「雑種」「純血種」はどう違う?

ミックス犬も雑種犬も、「異なる犬種の掛け合わせで生まれた」点は同じ。ではどうして違う呼び方をされているのでしょうか。実は、その定義に明確な違いがあるんです。
犬の血統は「混血種(ミックス・雑種)」と「純血種」に分けられます。それぞれにはどんな特徴があるのでしょうか。

ミックス犬とは

チワワとダックスフンドから生まれた「チワックス」や、ヨークシャーテリアとトイ・プードルから生まれた「ヨープー」など、さまざまな種類が誕生しているミックス犬。ミックス犬は、血統書付きの犬どうしの掛け合わせから生まれた犬のことを指します。
人気の犬種ランキングの上位にもランクインするミックス犬。例えばチワワのクリクリの目と、ダックスフントの愛らしい大きな耳と長い胴というように、それぞれの犬が持つ特徴的な部分をあわせることで新しい可愛さを生み出しています。
また「ミックス犬」は正式名称ではなく、ペットショップやブリーダーによっては「ハーフ犬」「ハイブリッド犬」「F1」といった呼ばれ方をすることも。

雑種犬とは

雑種は2種類以上の異なる犬種が入っている犬や、野良犬や犬種がわからない犬同士の子供を指します。人間が意図的にかけあわせするのではなく、自然と無作為にかけあわして生まれることがほとんどです。
以前は街なかでもよく見かけられた野良犬は、室内飼いが増えたことや狂犬病予防法に基づいた保護活動により、現在ではほとんど見なくなりました。

純血種とは

純血種は、昔から狩猟や牧羊などの目的に合わせて繁殖されてきた犬を指します。現在ではペットショップやブリーダーが申請した血統書を持っている犬のみが、純血種と認められています。持久力や俊敏さ、噛む力の強さなど、狩猟や牧羊のパートナーとして目的に特化して繁殖を繰り返してきたため、犬種によってはっきりとした特徴を持っています。

それぞれにどんな違いがあるの?

ミックス、雑種、純血種について、それぞれの定義に違いがあることがわかったことろで、飼育するうえではどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの魅力や注意したい点を理解したうえで家族にむかえたい犬を決めるといいでしょう。

雑種犬のメリット・デメリット

日本ではペットに純血種が好まれる傾向がありますが、海外では介助犬や警備犬などあらゆる分野で活躍しています。たくましくて物覚えが良いと、雑種を好むブリーダーもいるほど。また犬種の枠を超えた存在でもあるため、性格や個性がさまざまだったり、多様な犬種の遺伝子を受け継いでいることから免疫力が高く身体が強いともいわれます。
しかし親がわからないので、どのような成犬となるのか予想がつかない注意点があります。特に子犬の場合では、将来どれ位の大きさになるのか、毛の長さはどれ位なのかが予想しづらいという特徴があります。

ミックス犬のメリット・デメリット

ミックス犬は血統書が発行されないものの、血統書つきの両親から生まれているため両親の良い所を併せ持った子が生まれる可能性があります。また同じ顔立ちになりやすい純血種に比べ、ミックス犬は毛色や顔立ちがどのように変化していくかを観察しながら成長を見守る楽しみ方も。
その反面、小型犬と中型犬をかけあわせたケースでは思っていたよりも大きく成長したり、想定外の特徴を受け継いだことで体が弱い子が生まれたり。想像とは違う成長をする可能性があることをあらかじめ理解しておきましょう。

純血種のメリット・デメリット

古来から受け継いできた遺伝子が強いため、その犬種の顔立ちや性格、特徴などが自然と似通います。そのため、犬種による特徴が好まれて飼育される場合がほとんど。成犬になったときの大きさや、性質、遺伝的疾患などの情報を前もって知ることができること、成犬になったときの毛の長さや尻尾の色などが予測できます。また、血統書があることでドッグショーや競技会への参加もできるようになります。
しかし改良の課程で遺伝的なリスクを抱えている可能性も高く、遺伝的疾患に注意が必要です。

ミックス犬、雑種犬、純血種のそれぞれの特徴を知って飼育しよう

犬はミックス犬、雑種、純血種と分けられ、それぞれに違いや特徴があります。血統書が付いているから良いというわけではありません。
それぞれの血統の良い点や注意したい点を理解したうえで、どのような子を家族としてむかえるか検討するのがいいでしょう。

PAGE TOP