ナデシル|犬と猫のペットメディア

気品あるシルバーの毛色が魅力!ロシアンブルーってどんな猫?

この記事の要約動画

ロシアンブルーと言えば、最大の魅力がやはり他にはない毛の色です。その名の通りブルー(灰色)の美しい毛色に加え美しくて高貴なエメラルドグリーンの瞳、猫には珍しく飼い主さんに忠実なところなど愛されポイントが山ほどある猫ちゃんです。
ここではロシアンブルーの生態を詳しく見ていきましょう。

ロシアンブルーってどこで生まれたの?

ロシアにいた猫が祖先という説があります。実際のところははっきりとはわかっていないようです。イギリスに居たころは「アルハンゲルキャット」という名前で呼ばれ、1880年代ころからイギリスのキャットショーに出るようになりました。20世紀の初めころにはアメリカにわたり、アメリカではイギリスで交雑をした種類とスカンジナビアに残っていた種類とを交配させていたようです。

ロシアンブルーの特徴は?

毛の色はブルー(灰色)のみです。この色じゃないとロシアンブルーであるとは言えません。一本の毛の中に濃い部分と淡い部分とが混在していて、光の波のように美しく見えるようになります。この色はこの子にしかない物ですのでそれを求める飼い主さんが多いようです。
短い毛ですがとても細く滑らかな毛質をしています。短いですがダブルコートという毛質になっていて抜け毛がとても多いです。ただ、他の猫と同様にこまめなブラッシングを行ってあげることで抜け毛が減りますので、そこまで気になるようなことは無いです。
瞳はエメラルドグリーンです。このグリーンの目をしていないと認められません。
この目の色が体の毛色の灰色ととても美しくマッチしてさらに魅力を増しています。
首を持ち上げているように見えることから「コブラヘッド」と呼ばれることもあります。
そして、ここが可愛いポイントです。口角が上がった口元がまるで微笑んでいるように見えるので、通称「ロシアンスマイル」と呼ばれるほど親しまれています。

ロシアンブルーってどんな性格?

性格は、賢く大人しく穏やかで、犬のように飼い主さんに忠実だと言われています。猫にしては大変珍しい性格の子であると言えます。とはいえやはり猫ですのでプライドが大変高いという特徴も兼ね備えています。ほかにも自分がこの人と認め親しんだ飼い主さんが他の子を撫でたり抱っこしたりなどすると嫉妬心をむき出しにしてきます。そういったところは大変猫らしいと言えるでしょう。性格的に少し気難しい部分があり、優しすぎても冷たすぎてもダメというところがあります。その分、信頼関係をしっかりと確立してしまえば献身的な愛情を向けてくれます。大勢の人がいる騒がしい環境は好まないので、飼い主さんと2人で
ゆっくりと落ち着いた時間を過ごしてあげてください。
あまり鳴かないのも特徴の一つで、そんな所から「ボイスレスキャット」とも呼ばれることがあります。

ロシアンブルーを飼うコツは?

飼い方のポイントは、子猫から成猫になるまでの過程では活発で運動することがとても大好きです。気難しい性格ですので小さいうちから一緒にたくさん遊んであげることにより運動不足にもなりませんし、飼い主さんとの間にしっかりとした信頼関係を築くことができます。また高いところに登ったりすることが大好きですのでキャットタワーを設置すると良いです。
しつけに関しては、頭の良い猫なので容易に覚えてくれます。トイレのしつけの場合、子猫の時にケージ内に砂場を作ってあげるだけでそこをトイレと認識してくれます。爪研ぎも荒縄やダンボールを用意してあげるだけで、壁や床で爪研ぎをすることなくしつけが出来ます。
気をつけたい病気に関しては、他の子に比べると遺伝性疾患がとても少なく、平均寿命よりも長く生きる子が多いのが特徴です。ただ中年になると他の品種と同様に慢性疾患が出てきますのでこまめに健康診断を行うことと少しでも変化があったらすぐに病院に連れて行くことが大切です。そういったことをしっかりケアしてあげればとても長く一緒に生活することができます。

ココがたまらない!ロシアンブルーの魅力

あまり鳴かないのが特徴の子ではありますが、子猫の時に飼い主さんの声を聞くと、ニャーニャーと小さく鳴くところがたまらなく可愛いらしいです。また、静かな時間を過ごしたいというタイプの猫なので一緒にいると癒しの存在になります。そしてやはりその名の通りの毛の色です。美しく輝くブルーの色、そして毛の密集度がとても高いので触った時の感触が柔らかく、ずっと撫でたくなっちゃうくらいの毛の質のようです。さらにエメラルドグリーンの瞳が高貴な雰囲気をかもしだしていて、そこも愛されるポイントの一つです。その可愛らしく美しいお顔立ちと、スッとしたスレンダーな身体にメロメロになってしまう飼い主さんが多いようです。

愛されポイント満載のロシアンブルーと一緒に暮らすなら

毛色や瞳の色が他の猫ちゃんとは違い特徴的で、性格も大人しく気品があるロシアンブルー。少し気難しい性格ではありますが、飼い主さんとの信頼関係をしっかり築くことによって惜しみない愛情を注いでくれる愛おしい猫ちゃんです。その子の性格や飼うコツを
理解して良い関係を築いてくださいね。

PAGE TOP