ナデシル|犬と猫のペットメディア

折れた耳が可愛い!スコティッシュフォールドってどんな猫?

この記事の要約動画

スコティッシュフォールドの一番の特徴は前方に折れ曲がった耳です。その愛らしい姿に魅了されている方も多く、特に人気の高い品種です。また、穏やかな性格で協調性が高いのも魅力です。
今回は大人気のスコティッシュフォールドについて気になる情報や魅力的な特徴をご紹介します!

スコティッシュフォールドってどこで生まれたの?

スコティッシュフォールドはイギリスが起源の猫で、スコットランドにおいて突然変異で生まれた折れ耳の猫がきっかけと言われています。
出身地である「スコットランド」と、折れ曲がったことを意味する「フォールド」を合わせて「スコティッシュフォールド」と名付けられました。
折れ耳は遺伝であることが確認されると繁殖が進められ、ブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの交配で改良されました。
そして1978年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)で一品種として公認されました。

スコティッシュフォールドの大きさや色は?

体格は意外とがっしりしており、オスで3~6㎏、メスは2.5~5㎏ほどです。
丸い顔に丸い目、最大の特徴は折れ曲がった耳です。実は生まれてすぐの時はまっすぐ立っていることが多く、生後3週間から1ヶ月ほどで耳が折れ始めます。遺伝的な折れ耳は3割程度と言われています。
折れ方にもパターンがあり、軽い折れ方を「シングルフォールド」、頭につくほど曲がっている「ダブルフォールド」、完全に頭についている「トリプルフォールド」があります。
また、毛の色はホワイト、ブラック、レッド、ブルーなど非常に多く、長毛や短毛とさまざまです。

スコティッシュフォールドってどんな性格?

一般的な猫は気まぐれなイメージがありますが、スコティッシュフォールドはとても温和で甘えん坊な性格です。あまり人見知りせず、とても人懐っこいため、初めて猫を飼うという家庭にもすぐに馴染むことができます。いつもおっとりとしていて、穏やかな性格なので飼いやすい品種として人気が高まっています。
しかし、甘えん坊な反面、さみしがり屋でお留守番が苦手という一面もあるようです。

スコティッシュフォールドの飼育のコツは?

スコティッシュフォールドは環境に慣れるのが得意な方で、しつけも比較的しやすい品種と言われています。運動量は少なく、激しく動き回ることもあまりありません。鳴き声も小さいため、マンションなどの集合住宅でも飼いやすいネコちゃんです。しかし、さみしがり屋でかまってほしいタイプなので、あまりにも毎日留守番が続くと退屈してしまい、ストレスが溜まってしまいます。ストレスを軽減するためにも積極的に遊んであげ、毎日しっかりコミュニケーションを取るようにしましょう。

どんな病気に気を付けたらいい?

遺伝性疾患である骨の病気になることが多く、関節に問題が起きたり、こぶのようなものができたりすることもあるようです。悪化すると歩行困難になってしまうため、気を付けましょう。体重を管理するなどして、肥満にも気を付けると良いです。
また、スコティッシュフォールドは折れ耳であるがゆえ、耳の中に湿気が溜まりやすく、耳の病気になりやすいと言われています。こまめに耳垢や汚れなどをチェックし、コットンやウェットティッシュなどで優しく拭き取ってあげましょう。日頃のお手入れが大切です。
エサは、耳の病気に対する対策として、なるべく添加物のないものやアレルギーに配慮した穀物不使用のものを選ぶようにしましょう。

ココがたまらない!スコティッシュフォールドの魅力

まん丸の顔にクリクリした目、折れた耳が特徴のスコティッシュフォールドですが、通称「スコ座り」という独特な座り方をすることでも知られています。前足を投げ出した“おやじ”のような座り方がなんとも可愛らしいですよね。おなかを舐めて毛づくろいをする習性から、このような座り方をするとも言われています。これは腰や股関節の形成不全も関係しているようで、一般の猫がするような両手両足をたたんだ座り方を苦手とするスコティッシュフォールドもいるようです。
だらしなく見える座り方をしているのに、クリクリした目で甘えるように見つめられたらもうたまりません。この「スコ座り」にたくさんの方が魅了されています。

愛情いっぱいに育ててね

突然変異から生まれた品種のスコティッシュフォールド。特徴の折れ耳は意外にも3割程度の確率なんですね。その耳の形などで価格も変わります。運動量の少なさや穏やかな性格から、初心者にとって飼いやすい猫と言えるでしょう。注意点としては、骨の障害や耳の病気が挙げられます。骨の障害については、成長するまで定期的な検診を受けておくことをおすすめします。
その顔つきで「スコ座り」と可愛さ満点のスコティッシュフォールド。「猫」特有の気まぐれなイメージとは違い、甘えん坊でかまってちゃんな猫です。今飼っている方やこれから飼うことを考えている方は、たくさん遊んで愛情をたっぷり注いであげましょう。

PAGE TOP