ナデシル|犬と猫のペットメディア

あなたを待ってるネコちゃんがいる!里親募集中の猫に会いに行こう

この記事の要約動画

ペットブームの陰で問題となっている殺処分。あなたが里親となることで、彼らの命を救えるかもしれません。捨て猫や野良猫を保護し、新たな飼い主へと引き渡す取り組みは全国各地でおこなわれています。その先駆けたる名古屋市では、2016年度、犬の殺処分ゼロを達成しました。続けて猫の殺処分ゼロも目指しているところです。ひとりひとりのアクションで、不幸な目に遭う猫は減らしていけるはず!
ここでは猫の里親になるためにどうすればいいのか、方法や手順をご紹介します。

猫の里親になりたい…まずはどうすればいい?

猫の里親になるには、いくつかの方法があります。
一つ目は、動物保護団体やシェルターから引き取る方法です。「NPO法人 犬と猫のためのライフボート」は保健所から殺処分前の犬や猫を保護し、アニマルシェルターにて飼育をおこなっています。こうした非営利の団体は全国各地に存在します。まずは活動をおこなっている団体が近くにいるか探してみましょう。
次に、近年人気の猫カフェがあります。猫カフェの中にも保護猫の譲渡をおこなっている施設があるのです。例えば、名古屋の猫カフェ「ひとやすみ」では猫スタッフの多くが保護猫です。店内で里親の募集をしており、カフェを訪れた方は気軽に保護猫たちと触れ合うことができます。カフェのお客さんから里親が見つかり、卒業していったネコちゃんはたくさんいるようです。
また、ネット掲示板「ペットのおうち」など、ネット上で里親を募集しているケースもあります。犬や猫をはじめ、魚や爬虫類などさまざまなペットの里親募集情報が載っています。
最後に、保健所などから直接引き取る方法もありますが、自治体によって状況はさまざまですので事前によく確認しておましょう。

猫の里親になる条件とは?

猫の里親になるためには、まず猫を飼える環境があることが必要です。自分だけでなく、家族の意見やアレルギーの有無などもあらかじめ確認しておきましょう。一人暮らしの方は、毎日きちんと家に帰ってお世話ができるかどうか、今一度考えてみてください。留守が多く家を空けがちな方は、残念ながら里親に向いていないでしょう。
経済状況も重要な条件の一つです。毎日の餌代はもちろん、急なケガや病気で予想外の出費があることも考えられます。時には数万、数十万単位のお金が掛かることを考え、猫を飼う余裕があるか見直してみましょう。
そうした条件に加え、譲渡会の審査では年齢や職業、過去の飼育歴などが問われる場合もあります。もし一度断られたとしても、また別の機会に恵まれることもあるでしょう。生活環境を整えたり、もっと猫について勉強したりして備えておきたいところです。
また、保護猫の中には病気や障害を持った子もいます。性格も臆病だったり、しつけが難しかったりと、一筋縄ではいかないかもしれません。そうしたリスクを受け入れ、救いの手を差し伸べられるのなら、きっとあなたには里親の資格があるでしょう。

病気の予防や不妊手術はどうしてるの?

保護団体の多くは、あらかじめ保護猫にワクチン接種や不妊手術、ノミやダニの駆虫をおこなっています。めでたく譲渡となった際、里親が費用の一部を支払うことで活動が維持されるので積極的に協力しましょう。
こうした処置が済んでいない猫を引き取る場合は、譲渡後、速やかに病院を受診し、必要なワクチンや手術を受けさせましょう。ワクチンは3種混合で3000~5000円、去勢手術は2万円ほど、避妊手術は3万円ほど掛かるようです。

保護猫を迎える手順は?

里親になることを希望する場合は、まず譲渡条件を確かめましょう。条件に合致していると確認できたら、面会を申し込みます。面会の際に書類の提出を求められることもありますので、印鑑や身分証などを用意しておくとよいでしょう。また、条件の項目でもお話しましたが、面会にはできるだけ家族全員で行くことをおすすめします。
実際にネコちゃんたちに会ってみて、ぜひ引き取りたいと思える猫がいたら、手続きに進みましょう。ここで細かな質疑応答や家庭訪問などの審査が入ることがあります。猫の年齢によっては、一時預かりという形でトライアル期間が設けられているようです。
その後、猫を飼うことができると認められたら、いよいよネコちゃんを自宅にお迎えすることになります。受け入れの際には部屋を片付け、猫がケガや誤飲を起こさないよう配慮しましょう。
ワクチンや不妊手術費用を別にすれば、猫を飼い始める際の初期費用は1万~2万円ほどだと言われています。
猫は一度飼えば10年以上の時を共に過ごすことになります。家族の一員として最後まで愛情たっぷりお世話してあげてください。

猫の譲渡会には運命の出会いがある

猫を飼いたいとなったとき、ペットショップで購入するだけでなく、保護団体やシェルターから引き取る方法もあります。恵まれないネコちゃんを救えるのは嬉しいことですし、譲渡会での出会いに何か運命的なものを感じる方も多いようです。
最近では猫カフェの中にも里親を募集している施設がありますので、猫を飼いたいと思っている方は一度情報収集をしてみましょう。まだ気付いていないだけで、すぐ近くにあなたのことを待っているネコちゃんがいるかもしれません。

PAGE TOP