ナデシル|犬と猫のペットメディア

短い足にプリプリお尻が可愛すぎ!コーギーってどんな犬?

この記事の要約動画

かつて放牧犬として、主にイギリスなど世界各国で活躍をしてきたコーギーは、子どものころから活発な動いたり遊んだりすることが大好き。ウェルシュ・コーギーには「ペンブローク」と「カーディガン」の2パターンに分けられます。一般的に飼われているのは「ペンブローク」。歩く時にお尻がプリプリしている様子がかわいらしく、胴長かつ短足なところが愛らしいところが人気を集めています。短い脚でそんなに運動が得意ではなさそうな印象ですが、実は走り回るのが得意で、公園などで一緒に遊んでいると目を真ん丸にして楽しそうに喜ぶところにメロメロになってしまうとか。
そんなコーギーの特徴や性格、飼育するうえでの注意点などについてご紹介します!

ウェルシュ・コーギーの特徴や性格は?

ウェルシュ・コーギーと呼ばれる犬種には大きく分けるの2つのタイプに分類されます。一般的に飼われているのは「ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ」。コーギーの特徴とする胴長かつ短足が強く出ています。意外にも筋肉質でがっしりした体つきで、運動が得意。そのため飼い主と一緒に走り回るような遊びが大好きです。「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」は、キツネのように尻尾がふさふさしていて感情を表すことができるところが特徴。ペンブロークに比べて落ち着いた性格が多いですが、活発で楽しいことが大好きなところは同じです。
ウェルシュ・コーギーは賢く自立心や判断能力が高いという特徴も。さらに好奇心も旺盛なため、留守番をさせるときはケージに入れたり物を高いところに置いたりなどの注意が必要です。放牧犬の名残から、興奮しやすく飼い主の足に噛み付くという部分も見られるため、しっかりとしつけを行いましょう。

毛並みのお手入れやお散歩の頻度は?

ウェルシュ・コーギー・ペンブローグは、特に動きまわりたい犬種なので毎日のお散歩は欠かせません。軽いお散歩程度でもいいので、毎日外に連れ出してあげるとストレス発散になります。逆に運動量が足りないと、ストレスからイタズラや問題行動を起こすことにつながるので注意。また、かつては放牧犬として飼われていたという過去があるように、とても賢い性質を持っているため、小さいころからしっかりとしたしつけが必要です。
比較的短毛なコーギーのため、毛玉や絡まりの心配はありません。しかしダブルコートで下毛がたくさん生えていることから抜け毛が特に増える換毛期があります。ブラッシングの頻度は通常は週に一度、換毛期には週に2~3回ほどを目安に行いましょう。シャンプーは月に一度程度でOKです。

コーギーの掛かりやすい病気やケガは?

コーギーは短足かつ胴長なところがかわいい反面、腰への負担が大きく椎間板ヘルニアにかかりやすいという特徴が。その原因に肥満や運動不足が挙げられるため、飼い主の日頃の観察が大切です。
寿命は中型犬において長い方の11~13歳ほどとされています。遺伝性の病気にかかりやすいといわれており、これらは前もって予防対策することが難しいので定期検診に行くなどしてこまめにチェックするのが大切です。太ってしまいやすい遺伝要素があることから、余分に食べ物を与えないこと、運動不足にさせないことを心がけましょう。

「かわいい」だけで飼い始めるのは要注意!

活発で人に遊んでもらうことに幸せを感じるコーギー。目が丸く愛くるしいところや、おしりをプリプリさせながら歩く姿にファンが多い犬種です。しつけをするとしっかりと学び、飼い主と意思疎通ができるようになるところも人気の理由。
しかし、しつけによっては噛み癖がついてしまったり、運動不足がストレスになり問題行動を起こしてしまったりするため、コーギーにしっかり向き合える時間と体力のある方に適しています。胴長かつ短足な点から、歩行に問題が起こるケガや病気にかかりやすいと心配ですが、肥満や運動不足に気を付け、日ごろから変わった点がないかということを見てあげるといいでしょう。

PAGE TOP