ナデシル|犬と猫のペットメディア

小さな妖精と呼ばれるシンガプーラってどんな猫?

この記事の要約動画

シンガプーラは純血猫の種類の中で最小サイズの猫として、登録されています。
とても華奢なボディーに、愛らしい表情を見せるシンガプーラは人間との、コミュニケーションを好むタイプの猫です。活発で甘えん坊という猫らしい性質が、飼い主さんのハートを射抜く、憎めない猫なのです。

シンガプーラってどこで生まれたの?

シンガポール原産の猫、シンガプーラには別名があります。元々は野生の猫で下水溝に住んでいたということから「ドレインキャット」、という別名もあるほどです。そんな下水溝で生活していたシンガプーラは、ある日、アメリカ人夫婦に引き取られ、繁殖を繰り返した結果、今の美しい姿形に完成されたと言われています。

小さな体には美しい被毛が生えていて、動くたびに妖精のような雰囲気を漂わせるシンガプーラは、独特の雰囲気を醸し出す猫なのです。

シンガプーラの色や大きさは?

シンガプーラは大人になっても、平均体重は3キロ前後です。小型犬の成犬とほぼ同じサイズで、とてもコンパクトなボディーをしていますが、筋肉質の体つきをしています。そして長い尻尾もチャーミングです。

毛色はセピアアグーチと呼ばれる淡い茶色です。毛並みは光沢がある美しさを持っています。
瞳は大きくアーモンド形で、瞳の色にはグリーン・ヘーゼル・イエローの3種類があります。輪郭がはっきりとしている顔立ちに、瞳の色も美しく、一度目に留まると、忘れられない、インパクトのある愛らしさが最大の魅力です。

シンガプーラってどんな性格?

シンガプーラは泣かない猫として有名です。妖精のような容姿をしていて鳴き声もほとんど聞こえない程に小さいという、特徴があります。騒がしい空間で過ごすよりも、静かな環境で過ごすことを好みます。

大人しい雰囲気を持ちますが、遊びが始まると、一人でおもちゃを使って活発に動きます。好奇心は旺盛なタイプの猫です。そして甘えん坊な気質がありますので、飼い主さんの肩に飛び乗ることもあります。愛嬌たっぷりの仕草が、可愛らしいと評判です。

ただ、警戒心が強いので、飼い主さん以外の人に、短時間で懐くことはほとんどありません。大家族の中で過ごすことや多頭飼いには不向きな猫の品種になります。

シンガプーラを飼うコツは?

高温多湿の地域(シンガポール)出身ですので、乾燥した空間で長く過ごすことは苦手です。乾燥による皮膚疾患にも十分に注意をしてあげましょう。

また、神経質な一面を持ち合わせており、遺伝性の貧血やストレス性疾患にかかってしまう可能性もあるので、
食欲不振や倦怠感を訴える様な日が続くときには、動物病院で相談をして早期発見に努めてください。

飼い主さんと密接した暮らしを望む猫なので、お留守番が長い家庭には向いていません。

シンガプーラのストレス発散は、飼い主さんと遊ぶことなのでたくさん甘えさせてあげてください。

お手入れは月に1回程度のシャンプーと短毛種ですが、日々のブラッシングだけで十分です。皮膚疾患が多いタイプの猫種ですので、お手入れの際に、皮膚の様子を見守ってあげることも大切です。

ココがたまらない!シンガプーラの魅力

部屋の中で無邪気に遊ぶシンガプーラは、小さな妖精という呼び名通りの愛らしい姿を飼い主さんに日々見せてくれる存在です。頭もよく、飼い主さんの言うことを理解するまでの時間も早く、コミュニケーションを取るたびに、愛着を感じるようです。

コンパクトな体に、大きくハッキリとした瞳、そして大きな耳という容姿全体が、シンガプーラの魅力そのものなのです。飼い主さんの中には、我が家の「小さな宝石」と表現する人も居るほどです。

甘えん坊なシンガプーラと一緒に暮らすなら

猫とじゃれ合って毎日を過ごしたいと考えている人には、最適の猫種です。シンガプーラは、有名人の愛猫としても有名です。一度出会うと、その魅力にはまってしまう人が続出していることにも、頷けますよね。

PAGE TOP