ナデシル|犬と猫のペットメディア

もふもふ毛がたまらない!チンチラってどんな猫?

優雅な雰囲気の長い毛に、平べったい顔が印象的なチンチラはペルシャの一種です。チンチラという名前は、同じようにふわふわの長い毛を持つネズミからつけられました。
チンチラは風格のある美しさに可愛さが同居する大変人気のある猫なんです。そんな美しさと可愛さを併せ持った猫、チンチラの魅力をお伝えします。

チンチラってどこで生まれたの?

チンチラは1880年代にイギリスで誕生しました。新しい毛色のペルシャを生み出す過程で誕生したチンチラ。ペルシャとの違いは被毛の色のみです。被毛がシルバーかゴールドで、毛先の5分の1あたりに黒色がついている猫のみをチンチラと呼んでいます。
そのような理由から国によっては猫の種類と認められていないことも。愛好家たちがチンチラを猫の一種として独立させようと申請したものの、その願いは叶いませんでした。今でもチンチラを猫の種類として認めている国はわずかということです。

チンチラの大きさってどれくらい?

チンチラの雄は3~5.5㎏、雌は3~5㎏ほどの大きさで、猫の中では中~大型に分類されています。コビー・タイプと呼ばれる体型で、体格は全体的にがっしりめ。尾は短く、頭も丸いです。チンチラと言えば、まん丸の目や離れた耳も特徴的。少しボテッとした感じからはたまらない愛嬌を感じるでしょう。

チンチラってどんな性格?

性格もペルシャ同様おとなしく、物静かな猫です。鳴くことがほとんどないため「ボイスレスキャット」とも言われるほど。運動は少なめで、長い間遊ぶことはありません。疲れるとすぐに休憩といった調子で、お気に入りの場所があればのんびりとくつろいでいることも少なくありません。
また、ツンデレな性格なので構われるのもあまり好きではないタイプ。気が向いたときだけ飼い主に甘えにくるなど、気まぐれなのも猫らしい猫といった感じです。

チンチラを飼うコツは?

チンチラを飼う上で1番ネックになるのが抜け毛の問題。ふわふわの毛からも想像できるように、抜け毛はとても多いです。自分の毛を飲み込み「毛球症」という病気になることもあるので、定期的なシャンプーやブラッシングで取り除き、ケアしてあげることが必要です。しかしなかにはブラッシングやシャンプーを嫌がる子もいます。ケアを習慣化して、ストレスを与えないようにしてあげたいですね。
意外に思われるかもしれませんが、食べ物も毛球症の対策になります。食物繊維が多いものを与えて、毛玉を排出しやすくしてあげるとよいでしょう。
チンチラは運動量が少ないことで肥満になってしまうことも。食事の量や質に注意し、時には運動もさせてあげましょう。
また、つぶれた顔のせいで、鼻涙管が圧迫されていることもあり、涙が出やすくなっています。こまめに拭いてあげるようにしましょう。
ほかにも腎臓の中に水がたまる遺伝性疾患を持っていることがあります。

ココがたまらない!チンチラの魅力

フワフワの毛に平らな顔、アイラインをひいたかのようなパッチリとした目。思わず抱きしめたくなりますが、そういったスキンシップは苦手で、でも信頼する飼い主にはよく懐くというツンデレなところもあります。その様子はまるで「猫様」。振り回されてしまう飼い主も少なくありません。それでもそんな気位の高いところが愛好家の間では人気なんです。ゆったりとしたペットとの暮らしを望んでいる方にはとてもおすすめの猫ちゃんです。

人気の猫ランキングの常連。チンチラを飼ってみてはいかが?

飼ってみたい猫ランキングでもいつも上位にランクインするチンチラ。やはりそのゴージャスな雰囲気とツンデレな性格が人気の秘密です。おとなしく飼いやすい猫ですので、上手に健康管理してあげれば20年ほど生きます。最愛のパートナーにチンチラを選んでみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP