ナデシル|犬と猫のペットメディア

猫アレルギーだけど、猫が好き!対策や治療法はあるの?

猫が大好きなのに同じ空間にいるとくしゃみや鼻水が止まらない。「猫好きだけど猫アレルギー」という方は意外と少なくありません。アレルギーでは猫は飼えないと思われがちですが、なかには軽減できるアレルギー症状もあるんです。どうしても猫と暮らしたい、そんな方のためにこの記事では猫アレルギーについてまとめました。猫アレルギーでも対策や治療法について知ることで夢を叶えることができるかもしれません。

猫アレルギーってなに?アレルギーによる症状や原因

アレルギー反応に多いくしゃみや鼻水

ネコちゃんに触らなくても同じ空間にいるだけでくしゃみや鼻水がでてしまう場合、猫アレルギーが原因である可能性が考えられます。アレルギー症状は花粉症やハウスダストなど身近な物質がアレルゲンになってさまざまな炎症を引き起こすのが特徴です。なかには、くしゃみや鼻水が起こる原因がアレルギーだと知らずにネコちゃんを飼っている方も少なくありません。

猫アレルギーのアレルゲンとは

猫アレルギーの場合は毛やフケについた猫の唾液がきっかけで症状が出ます。猫の毛づくろいによって毛に唾液がつき、猫アレルギーの人がそれに触れたり、それを吸い込んだりする。そうしてつらい症状が起こってしまうのです。
アレルゲンが体内に入ると、体内に入り込んだ異物を排除するための体の反応でくしゃみや鼻水が出ます。なかには目のかゆみやのどの痛みを訴える方も。症状のレベルには個人差があるので、自覚症状がないだけで実際には猫アレルギーという方も少なくありません。

血液検査ならアレルゲンの特定が可能

これからネコちゃんと一緒に暮らしたいと考えている方で、自分が猫アレルギーなのかをどうか知りたいという場合は、皮膚科やアレルギー科のある病院で検査してもらうと良いでしょう。また、猫カフェなどで実際に猫に触れあってみることで症状が出るかどうか確かめることもできます。ただし、アレルギーを持っている方は鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

猫アレルギーの症状を和らげる治療法

猫アレルギーは緩和することができる

ネコちゃんと一緒に生活するためにアレルギーを完治させたいと考える方もいます。しかし、残念ながら猫アレルギーは根源治療することができないよう。それでも通院しながら緩和治療を行うことは可能です。ただし、治療の効果にも個人差があるそうなので、納得のいく結果が得られるとは限らないことを頭に入れておきましょう。

アレルギー症状の緩和にはこんな方法も

アレルギー症状を抑える薬もありますが、必ず医師と相談しながら体質や症状に合ったものを服用するようにしましょう。また、薬の服用以外にもできることがあります。それが自己管理とネコちゃんのケア。触ったあとには手洗いうがいを徹底し、抜け毛を減らすためのシャンプーとブラッシングもマメに行えば、ある程度の効果は見込めるかもしれません。部屋に猫の毛がつきやすいものを置かないのも立派な対策に。カーペットやラグなどはしっかり掃除していても猫の毛がついてしまいやすいもの。そのようなものを部屋に置かないことで掃除も楽になり、結果としてアレルゲンを減らすことができます。猫アレルギーによる症状を緩和させるなら、毎日の掃除やネコちゃんのケアにも気を配らなくてはなりません。

家族のアレルギー検査もオススメ

自身が平気でも家族が猫アレルギーである可能性もあるので、家族のアレルギー検査も忘れないようにしましょう。特に赤ちゃんや幼児がいる家庭は注意が必要。大人と比べると子どもは床に近いところで生活しています。床や家具に付着している猫の毛にもよりダイレクトに反応してしまうので、予想外に重いアレルギー症状を引き起こしてしまうかもしれません。

ネコちゃんと暮らすためにはアレルギーとの付き合い方も大切

アレルゲンを減らす工夫

アレルギー症状が出てしまうと私生活にも影響を及ぼすので、できれば猫との接触は最小限に留めたいところ。場合によってはライフスタイルを見直すことも必要になるでしょう。自分と猫の生活スペースを完全に分けることが、症状の予防や緩和に役立つ可能性もあります。夢である飼育と自分の健康を両立するためにそういった制約を設けなければならないケースも出てくるかもしれません。

猫を飼える環境かどうか慎重に見極める

同じ家や空間にネコちゃんがいる限り100%アレルゲンを除去することはできません。自身や家族のなかに猫アレルギーの人がいる場合は、飼える環境であるかを慎重に考える必要があります。安易にネコちゃんとの生活を始めてしまうと、辛い思いをすることにもなりかねません。アレルギーの有無や付き合い方について詳しく調べてみましょう。
猫アレルギーの方がネコちゃんと一緒に生活するということは、鼻水やかゆみといったアレルギー症状とも長く付き合うことを意味しています。愛情だけでなく、責任や覚悟も必要だということを忘れないようにしたいですね。

猫アレルギーの方の猫飼育。愛情だけでは続けられない

猫好きなのにアレルギーが理由で飼うのを諦めている人は少なくありません。しかし、上手にアレルギーと付き合うことができれば、猫と暮らすことは可能な場合もあります。アレルギーの原因や予防方法を正しく知ることで、夢を叶えることができるかもしれません。愛情と責任と覚悟がちゃんと持てる方は、前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP