ナデシル|犬と猫のペットメディア

ブサカワで大人気!エキゾチックショートヘアってどんな猫?

エキゾチックショートヘアは、大きな目につぶれた鼻が特徴の猫界のブサカワ代表です。猫ブームの中、王道の猫よりも個性的な顔立ちで愛嬌たっぷりのネコちゃんが気になるあなたに、エキゾチックショートヘアの特徴や飼育のコツを紹介します。

エキゾチックショートヘアはどこで生まれたの?

エキゾチックショートヘアは、比較的新しい品種です。手間のかからない短毛種のペルシャ猫を求め、1960年代にペルシャ猫とアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアを交配したことで誕生しました。
ペルシャ猫とアメリカンショートヘアとの交配に賛同しないブリーダーも多く、当初は批判を浴びることもあったようですが、1966年には正式に認められ、CFA(アメリカ・キャットファンシャーズ協会)に登録されました。

エキゾチックショートヘアの特徴。大きさや色は?

エキゾチックショートヘアといえば、個性的で憎めないお顔が魅力ですよね。大きな目、つぶれた鼻、ふっくらしたほっぺのブサカワなネコちゃんです。ペルシャ猫から受け継いだ丸い頭、感覚があいた小さな耳、太く短い足、丸いしっぽも特徴です。
毛の色は大変豊富で、ホワイト、ブルー、クリーム、レッド、バイカラー、三毛などいろいろあります。
体重は、雄で4.7~7㎏、雌で3.1~6㎏と、猫のサイズとしては平均です。しかし、食事管理によっては肥満になりやすいので気を付けましょう。

エキゾチックショートヘアってどんな性格?

ペルシャ猫譲りのおっとりした性格で、めったに鳴いたり怒ったりしません。もしかしたら、抵抗することすら面倒に思っているのかもしれませんね。優しい性格なので、安心して多頭飼いができるほど、他の猫ともうまくやってくれます。
人に抱っこをされたり、撫でられたりするのが大好きなネコちゃんです。
おとなしいので爪切りやシャンプーも寛容に受け入れてくれます。飼いやすいと評判で、小さい子供がいる家庭にも向いているようです。また、愛情深い一面もあり、飼い主への忠誠心や信頼を持ってくれます。

エキゾチックショートヘアを飼育するコツは?

エキゾチックショートヘアはペルシャ猫の短毛バージョンなので、お手入れしやすい品種と言われています。ブラッシングは週に1~2回程度でよく、換毛期にはシャンプーなどで毛を除く程度でOKです。シャンプーも嫌がらずに受け入れてくれるため、ケアが負担になりません。

なりやすい病気についてもペルシャ猫に似ており、腎臓疾患の「多発性のう胞腎」を起こしやすいと言われています。発症してしまったら食事療法でコントロールすることになります。水をよく飲む、おしっこの量が多いなどの症状があったら、見逃さず、動物病院に診てもらいましょう。
他には白内障、心臓病、遺伝性の難聴などがあります。日ごろの生活の中でよく観察し、しっかりと健康管理をしてあげましょう。
ぺちゃんこ鼻のネコちゃんに多いと言われる「流涙症」は、無添加フードやアレルギーを起こしにくいグレインフリーのフードで涙の粘度を抑えてあげると良いそうです。洗顔も毎日おこなってあげるといいでしょう。

ココがたまらない!エキゾチックショートヘアの魅力

エキゾチックショートヘアは、ドラマやCMなどにも登場し、ブサカワとして人気を集めています。大変おとなしく、居心地の良い場所が見つかるとじっと動かないため、その顔立ちからもふてぶてしく見えるのがおもしろいですよね。なんとも憎めない愛嬌のある顔がたまりません。エキゾチックショートヘアには、他の猫とは違う癒し効果があるように思えます。
気品あるペルシャの血を引いているものの、人懐っこく寂しがり屋で、抱っこされるが大好きです。ふてくされているような表情をしながらも甘えん坊。なんだか放っておけないと、エキゾチックショートヘアの虜になっている方も多いようです。
ペルシャ猫とアメリカンショートヘアの良いところを併せ持ちながら、愛嬌あるブサカワな見た目、そのうえ飼いやすい性格のエキゾチックショートヘア。猫を飼いたいと思っている方は、この機会にエキゾチックショートヘアを検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP