ナデシル|犬と猫のペットメディア

爪とぎをしていれば爪切りは不要?2つの役割とは?

猫が爪をとぐのは習性です。飼い主さんが爪を切っておけば、爪切とぎはしなくなるのかな?と思いがちですが、そもそも「爪とぎ」と「爪切り」は全くの別物です。今回はこの2つの違いと、ネコちゃんに爪切りをしてあげるコツを紹介します。

「爪とぎ」と「爪切り」は別物?

猫の爪に関する行動として「爪とぎ」と「爪切り」がありますが、この2つは全くの別物であると認識しておきましょう。

爪とぎとは

猫の爪とぎには、主に以下のような理由があります。

・硬くなった外側の爪を取り除くため
・肉球から出る「臭腺」で自分の縄張りを主張するため
・木に登りやすいようにするため
・戦うための武器として爪をとぐ習性が残っている

猫なりに本能に従って、日々の爪とぎをおこなうわけです。
部屋の家具や壁がひっかき傷だらけになるのは飼い主さんとしては複雑なところですよね。しかりつけたくなりますが、ここはネコちゃんの気持ちになって考えてあげましょう。大切なのは愛情あるしつけなのです。

爪とぎのしつけ方法については別の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。↓
愛猫に爪とぎをしつけたい!どうやるのが効果的?

爪切りをする必要性はある?

爪切りとは

犬も猫も同じで、伸びた爪は危険がいっぱいです。
特に猫はカーテンを引っかく癖があります。そのとき、爪がカーテンに絡んでしまうと、ネコちゃんが痛い思いをします。爪が肉球に刺さること可能性もあり、いずれにしても危険を伴います
また、誤って自分や家族が引っかかれ、怪我をしてしまう恐れがあります。同居猫や同居犬がいる場合、喧嘩になってしまったら相手を傷つけることになるでしょう。

飼い猫の場合、外で獲物を捕まえる必要はありません。安全のためにも爪を短くしておくことをオススメします。飼い主さんは定期的に爪切りをしてあげてください。そうすることで、壁や家具で爪とぎを始めたときのひっかき傷が最小限で済みますし、お互いに怪我を防ぐことができます。爪切りはとても大事なことだと心に留めておきましょう。

老猫は特に爪切りが必要

老猫の場合、眠っている時間が長く、自分で爪とぎをする機会も少なくなってしまいます。猫が爪とぎをしなくなると、放置された爪は古い爪が剥がれ落ちずに残り、巻き爪に変形してしまいます。爪が肉球に刺さるような状態になると大変です。肉球はとても敏感なので、痛みを感じやすいのはもちろん、毛細血管が集まっているため、深爪で出血することもあるのです。飼い主さんはこまめにチェックしてあげましょう。

初心者必見!嫌がるネコちゃんの爪を切るコツ

猫は爪を切ることをとても怖がります。飼い主さんが脚を掴み、真剣なまなざしで爪を切ろうとするだけで、猫は爪切りを危険なことと考えてしまうのです。押さえつけて切ろうとすると余計に暴れてしまいます。爪切り以前に、早いうちから足を触られることに抵抗がないようにしておくといいでしょう。

爪を切るタイミングとしては、ネコちゃんが寝ている間がオススメです。猫がリラックスしているときに、そっと爪切りをするのがポイントです。足の指を優しく押して爪を出し、爪の先端と根元のピンク色の部分の中間あたりを切ります。ピンク色に見えているのは血管です。切り過ぎないように気をつけましょう。
また、一度に全部の爪を切ろうとせず、何回かに分けておこなうなど、飼い主さんも無理をせずに爪切りに臨んでください。

どうしてもネコちゃんが拒否をする場合は、トリマーさんや動物病院にお任せするのもいいでしょう。実際、安心して任せられる動物病院などでスムーズに爪切りをおこなっている飼い主さんも多いようです。

愛猫のためにも定期的に爪切りを!

猫の爪切りは大変!という印象を持ってしまう方もいますが、伸びている部分をほんの少しカットするだけでいいのです。安全のため、定期的に爪の長さをチェックし、優しく切ってあげてください。
動物病院に任せるのもアリですし、普段から猫とコミュニケーションを取っているのであれば、飼い主さんが爪切りが怖いものではないことをゆっくり教えてあげるのもいいでしょう。
くれぐれも無理のない方法で爪切りをしてくださいね。

PAGE TOP